楽天マガジンを実質無料で使うならSPUとRakutenPashaがおススメ

楽天マガジン実質無料でお得情報
スポンサーリンク

こんにちは、ぽーるです。娯楽と情報収集で楽天マガジンを3年以上使ってます。

楽天マガジンに出会う前は雑誌はあまり買う方ではなく、書店やコンビニでたまたま目に留まったものを手に取るか、仕事関係の専門誌を年間定期購読するくらいでした。

いろんな雑誌を買いたかったけど、お金がなくて…。
それに置き場所もあまりないから散らかってしまうんですよね。

それが、楽天マガジンを利用することで出費の問題も置き場所の問題も一気に解決しちゃいました!

今回は、「楽天マガジンってどうなの?」という人に向けて感想と使い勝手、メリットとデメリット、そして実質無料で使う裏ワザをご紹介します!

◆この記事はこんな人におすすめ!
・雑誌はよく読むほうだ
・読みたい雑誌はあるけど予算が足りなくて買えない
・読んでみたい雑誌が本屋に置いてない
・読んだ雑誌の置き場所に困っている

■この記事でわかること
・楽天マガジンとはどんなサービスなのか
・楽天マガジンを利用するとどんなメリットがあるのか
・利用料金を実質無料にする方法

↓すぐに楽天マガジンを31日間無料で試してみるならこちらをクリック!↓

楽天マガジンとは?

楽天マガジン900誌以上月額418円で読み放題

楽天マガジンとは、楽天グループが運営する定額制雑誌読み放題サービスで、スマホ・タブレットのアプリやPCのWebブラウザで電子書籍のように雑誌を読むことができるものです。

楽天マガジンのメリット

900誌以上の人気雑誌がバックナンバーから最新号まで定額で読み放題

週刊・月刊誌問わず美容・健康・生活・グルメ・ビジネス・趣味・スポーツなどあらゆるジャンルの雑誌が、ワンコイン以下で読み放題!最新号はもちろん、バックナンバーも読めます。

キャンプに興味があるんで、ちょっとアウトドアの雑誌を読もうかな。
あと体鍛えたいから「Tarzan」も読もう!


「レタスクラブ」と「オレンジページ」があって助かる!


参加雑誌の一覧はここでは書ききれないので、コチラをクリックして見てください!

スマホやタブレット、パソコンで読める

楽天マガジンは1つの楽天アカウントで5台までのスマホ・タブレット、2台までのパソコンで読むことができます。

また、端末間で閲覧履歴、ふせん、お気に入り雑誌のデータは同期が取られているので、「移動中にタブレットで読んでた続きを、自宅やオフィスの大きな画面のパソコンで読む」なんてこともできるのです。

アプリでオフラインでも読める

Wi-Fiのみ使えるタブレット端末でも、アプリであらかじめダウンロードしておけば、ネットが繋がらない外出先でも読むことができます。

よく読む雑誌などは、Wi-Fi環境があるところで事前にダウンロードしておくことで、移動中の公共交通機関の中でも安心して読むことができますよ。

記事を検索して雑誌を探せる

この話題について書かれた雑誌記事がないかな?という時に、キーワードを入力して関連記事について書かれた雑誌のページを検索することができます。

検索画面

もちろん、ジャンルや雑誌名から雑誌を探すことも可能です。

よく読む雑誌&記事にすぐにアクセスできる

よく読む雑誌は、「お気に入り雑誌」に登録することですぐにアクセスして読むことができます。

マイページ画面


また、後で読み返したいと思った記事は「ふせん機能」でふせんをつけることで、「マイページ」から読み返せて便利!

レタスクラブのレシピ記事にふせんを貼ってたりしますね

楽天ポイントが貯まる・楽天ポイントを使える

2022年4月1日(金) 00:00 以降の決済分

月額プラン   380円(税抜):  3ポイント

年額プラン3,600円(税抜):36ポイント

楽天マガジン ポイント付与対象金額の変更について

楽天市場を運営する楽天グループのサービスなので、楽天マガジンの利用料金の支払いで楽天ポイントを貯めることができます。


それだけでなく、貯まった楽天ポイントを料金の支払いにあてることもできるのです!
それも通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも支払いに使えるので、ポイントを無駄にすることがありません。

期間限定ポイントって使える期間が短い上に用途が限定されてるから使いづらいんですよね。それを使えるのはありがたい!

ポイントで支払わなかった場合は上記のポイントが貯まります。
1年間で貯まるポイント数はどちらも同じなので、年額プランの方がお得です。

逆にポイントで支払うなら、月額プランを選択することをおすすめします。その理由は後ほど!

初回申し込み時は31日間無料で読める

初回申し込みの際は約1か月間無料で読み放題を体験できます。
メリットづくしの楽天マガジンですが、実際に使ってみて合うか合わないか、読みたい雑誌があるか、確かめてから使い続ければ良いです。合わなければ、無料のうちに解約すれば¥0のままでノーリスク

↓31日間無料読み放題を試してみるならこちらをクリック!↓

楽天マガジンのデメリット

便利づくしの楽天マガジンですが、一応デメリットが存在します。

付録がつかない

当たり前の話ですが、付録としてついてるポーチやキャンプ用品などをもらえたりはしません。

ただし別冊付録の形でついてるものは、雑誌によっては収録されているものもあります。

例)レタスクラブの「1か月献立カレンダーBOOK」など

画面が小さいので紙の本より読みづらい

これも当たり前の話ですが、スマホやタブレットの画面はたいていの紙雑誌より小さいので、文字が小さく読みづらい場合があります。

出版社の意向や権利関係などの事情で読めないページがある場合がある

公式HPによると、

出版社の意向により、デジタル版では、閲覧できるページや内容が紙面とは異なる場合がございます。
また、権利処理(タレントやモデルの著作権)の理由で、一部広告や人物などが表示されない場合がございます。
大変恐れ入りますが、31日間の無料期間にて、サービス内容をお確かめいただいたうえで、楽天マガジンをお楽しみいただけますと幸いです。

RakutenMagazineヘルプ「紙の雑誌と同じ内容を読むことができますか?」

とのことで、100%同じ内容がそのまま読めるとは限らないようです。

それでも、長く使ってきましたがそういった不便さを意識することはまずなかったですね。むしろ、どの辺が読めないページだったのか教えてもらわないとわからないかも。

雑誌の表紙などにジャニーズのタレントさんが載っている場合はすごくわかりやすいですね、塗りつぶされてしまってて^^;

楽天マガジンの利用

利用方法

楽天マガジンは
(1)アプリ
(2)ブラウザ
で利用できます。

スマホやタブレットは主にアプリで、PCではブラウザで読むことになります。

↓公式HPで使い方を見てみるならこちらをクリック!↓

利用料金

年額プランだと1か月あたり¥330というわけで、月に1冊でも読めばもうその時点でペイできてしまうほどにコスパはかなり高いです。

月額プラン税込¥418
(税別¥380)
年額プラン税込¥3960
(税別¥3600)

レタスクラブなんて
書店だと1冊525円ですからね

では、月額プランと年額プランとどちらを選ぶべきでしょうか。

単純計算だと年額プランの方がお得なのですが、1年も使うかわからないのにいきなり年額プランを選ぶのも勇気がいるかもしれませんよね。

そのため、慎重に選びたい人はまず月額プランで申し込んでみるのをオススメします。
月額プランで利用中に年額プランへ変更することも可能で、その場合は料金が重複することなく月額プラン終了日の翌日に年額プランで決済されます。

RakutenMagazineヘルプ「月額プランの契約期間中に、年額プランへ変更すると、料金は重複しますか?」

支払い方法

クレジットカードの登録が必須となっていて、カード払いが基本です。
ただし楽天ポイントを保有していれば、ポイントから支払うことができます。つまり、全額ポイントで支払いしてしまえば、実質無料になります。

楽天マガジンを実質無料にする方法

楽天ポイントから支払うことができるとわかったところで、次は「どうやって毎月3〜400ポイント貯めるか?」が気になりますよね。

その方法は2つ。

1.楽天系サービスを利用してSPU倍率を上げ、楽天市場アプリでお買い物をして高ポイント還元を狙う
2.町のお店で買い物をして、Rakuten Pashaアプリでレシートを送信して楽天ポイントを貯める

SPU?
Rakuten Pasha?
聞きなれない言葉だなぁ

それぞれ詳しく解説しますね。

楽天系サービスを利用してSPU倍率を上げ、楽天市場アプリでお買い物をして高ポイント還元を狙う

所定の楽天系サービスを利用することで、楽天市場で買い物をしたときに還元される楽天ポイントの倍率がどんどん上がっていく仕組みのことを”SPU”(スーパーポイントアッププログラム)と言います。

例えば僕の場合、2022年現在は通常このようになっています。

楽天会員1倍
楽天市場アプリで買い物をする+0.5倍
楽天モバイル利用+1倍
楽天カード通常(100円につき1ポイント)+1倍
楽天カード特典分(楽天市場で楽天カードを利用する)+1倍
楽天銀行口座で楽天カード代金の引き落とし+1倍
(1倍=1%還元) この他にもSPUの適用対象項目があります

合計すると5.5倍。ざっくり言うと、楽天市場で1000円の買い物をした時に「楽天会員である」だけだと還元されるポイント数は10ポイントですが、上記のサービスを利用している状態だと55ポイント還元されるということになります。

言い方を変えると、¥418分のポイントを稼ぐために普通は税別¥41800のお買い物が必要なのに対し、SPU5.5倍だと¥7600のお買い物で済むということね!

これに加えて

・東北楽天ゴールデンイーグルス、ヴィッセル神戸が勝利した翌日はそれぞれ+1倍
・お買い物マラソンで最大+10倍
・その他お店のキャンペーン

などのキャンペーンを利用するとさらに倍率が上がり、還元されるポイントが大きく増えます。これにより、より少ない額のお買い物で楽天マガジンの料金分をまかなうことができるというわけ!

町のお店で買い物をして、Rakuten Pashaアプリでレシートを送信して楽天ポイントを貯める

RakutenPasha

Rakuten Pashaとは、町のお店でお買い物をしてもらったレシートを撮影して送信することで楽天ポイントがもらえる、楽天グループが運営するポイ活サービスのことです。

どのようにポイントを獲得するかというと…

  1. 商品の種類を問わずレシートを送信してポイントを獲得する「きょうのレシートキャンペーン
  2. Pashaで高ポイント付与が指定された商品を購入したレシートで獲得する「今日のトクダネ

この2つの方法がありますが、狙うのは2.の「今日のトクダネ」。

商品によっては1つで10〜200ポイントと高く設定されているので、200ポイントの商品を2つ購入すればもう楽天マガジンの月額料金¥418をほぼペイ出来てしまいます

筆者も実際にRakuten Pashaでポイ活して貯めているのでオススメです!

支払いのために楽天ポイントを上手に稼ぐコツ

SPU倍率を上げる方法とRakutenPashaを使う方法を紹介しましたが、どちらがやりやすいかというと

✅よく楽天市場で通販をするならSPU倍率を上げる方法がおすすめ
✅あまり楽天系サービスを利用しない人はPashaを使う方法がおすすめ
✅楽天経済圏な人は両方を併用するのがおすすめ

です。

店舗でのお買い物より楽天市場での通販が多い人はポイント還元を狙いたいので、楽天系サービスの利用を増やしてSPU倍率を上げましょう。

逆に店舗での日用品の買い物がメインの人はPashaを使った方が稼ぎやすいです。
また、楽天系サービスの利用が少ないところからわざわざ楽天カードを申し込んだり楽天銀行口座を開設し利用するのはかなり労力がかかって本末転倒になり、おすすめできません。無理しない方がいいです。

あとは既に楽天系サービスを幅広く使っている楽天経済圏な人ですが、気にせず両方併用していきましょう。どんどん稼げます。

↓楽天マガジンを31日間無料で試してみるならこちらをクリック!↓

ポイント払いの注意点

SPUやRakutenPashaで稼いだ楽天ポイントは、使用期間が短い「期間限定ポイント」として扱われ、長期間持たせることができません。

そのため、ポイント払いで楽天マガジンを利用するなら月額プランを選択した方が支払いやすいでしょう。年額プランを選択して1回で支払いを終わらせるなら、3960ポイント以上保有しているタイミングを狙うのがベストですね。

楽天マガジンでトクをする方法

楽天ポイントを貯めておトクに楽天マガジンを利用する方法を紹介してきましたが、ここでは逆に楽天マガジンを利用することでおトクに楽天ポイントを稼ぐ方法を紹介します。

先ほど述べたように、楽天マガジンの利用料金の支払いで楽天ポイントを貯めることができます(ポイント払いを除く)。

通常だと1年間で36ポイントと、正直あまり多くはありません。
しかし、ある条件をクリアした人は大幅に稼ぐことが期待できます。

その条件とは…

楽天モバイルを利用することです。

■2022年7月からの楽天モバイル新料金プランに伴い、楽天モバイルの新規申込・既存利用者に対して楽天マガジンの31日間無料・毎月30%相当のポイント還元が実施される発表がありました

¥0利用ができなくなった新プラン施行で楽天モバイルの運用を見直す人が多いですが、こうした連携サービスの強化によるメリットもあるので、離脱する前によく検討を!

毎月30%ということは、月額プランだと¥380×30%=114ポイント、1年間で1368ポイントも付与されることになるわけですね。
楽天モバイルのユーザーは、あわせて楽天マガジンも利用するとすごくお得に!

ポイント払いによる実質無料化をあえてせずに、もともと安価な楽天マガジンを楽天ポイント稼ぎに利用するのも有効と言えるでしょう!

楽天マガジンを解約するには

思ったのと違うな、読みたい雑誌がないな…

残念ながら、楽天マガジンと相性が合わなくて解約することを選ぶ人もいるでしょう。

ここでは解約手続きについて解説します。

楽天マガジンを解約するには

アプリではなくブラウザで楽天マガジン公式Webサイトにアクセスし、ログインします。


(1)ログイン後、右上の「…」をクリック
(2)[ご契約内容の確認・変更]をクリック
(3)[解約ページへ]をクリック

解約処理に進む

(4)[解約処理に進む]をクリック

あとは、画面の指示に沿って手続きを進めれば解約となります。

本当に解約する前に、ちょっと待って!

解約を思いとどまり、そのまま1か月以上(解約ページの「エントリーはこちら」をクリックした月の翌月1日から32日間)継続したら100ポイントプレゼントしてくれます。

“解約するする詐欺”防止のため1回しか使えませんが、本当に解約するかどうか100ポイントもらってよーく考えてみて!

解約したらいつまで読めるの?返金されるの?

解約するともちろん利用できなくなりますが、いつまで利用できるかは解約のタイミングが契約期間中か無料期間中かで異なります。また、契約中の利用料金については返金されません

契約期間中は契約終了日までお読みいただけますが、ご利用料金はご返金いたしかねます。

無料期間中の方は解約と同時にサービスをご利用いただけなくなります。ご確認のうえ解約ページへお進みください。

RakutenMagazineヘルプ「月額プラン・年額プランを途中で解約するとどうなりますか?」

まとめ

✅楽天マガジンは年額¥3960/月額¥418900誌のあらゆるジャンルの雑誌をスマホ・タブレット・PCで読めるサブスク読み放題サービス
検索機能、お気に入り登録・ふせん機能で目当ての雑誌をすぐ探せる
✅初回申し込みで31日間無料で読める
支払いで楽天ポイントが貯まる
貯めた楽天ポイントを使えば実質無料で読める
・楽天市場で通販が多い人はSPU倍率を上げると楽天ポイントを貯めやすい
・店舗での買い物が多い人はRakutenPashaで楽天ポイントを貯めやすい
楽天モバイルも契約していれば楽天マガジン利用料の毎月30%相当のポイント還元あり

楽天マガジンを使うことで、ちょっと興味があるけど買うほどではないかなという雑誌でも気軽に読めるようになり、情報収集が捗るようになりました。誰に迷惑をかけることなく、堂々と最後まで立ち読みするような感覚で、雑誌もザッピングして楽しめます。
何より雑誌代もバカにならないんで、出費を抑えられるのは本当にありがたいです。

いろんな雑誌を24時間いつでもどこでも気軽に手に取って、楽しいマガジンライフを♪

↓すぐに楽天マガジンを31日間無料で試してみるならこちらをクリック!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました